zakk_photo-E

Zakkaboh Photo Exposure

Zakkaboh photo exposure  "De photo Flos sketches"

《 緑・気・浴“谷戸林床の植物”❖2020/10/18❖》

《“寺家ふるさと村の谷戸”》

『植物観察』
谷間の奥まった丘陵斜面の日陰、少し湿った所に見えた植物。

 

f:id:redhupa:20201021142641j:plain

f:id:redhupa:20201021143531j:plain

 

 キバナアキギリ(黄花秋桐)     シソ科(Lamiaceae/Labiatae)   

学名:Salvia nipponica Miq.

シソ科の仲間で黄色の花はキバナアキギリと シナノアキギリ  、 ツルオドリコソウ  だけ。
低い山地の木陰などに生え高さ30cm前後。葉は対生、三角状ほこ形。

茎の先に花穂をだし、淡黄色の唇形花を数段つける。

花筒の内部の基部近くに環状に毛がある。アキギリは花筒の内面ほぼ全体に毛がある。

 

 

f:id:redhupa:20201021142736j:plain

 

f:id:redhupa:20201021143420j:plain


ツリフネソウ(釣船草)  ツリフネソウ科  (Balsaminaceae)

学名:Impatiens textori Miq. f. minuscula Hayash  

茎は直立、普通、赤色を帯び、多数、分枝し、節がふくらむ。

葉は互生し、菱状楕円形で細かい鋸歯がある。

花序は葉腋から斜上し、紅紫色の花を数個つける。

花序の茎には紅紫色の突起毛があり、花は花弁3個、萼片3個。

萼片も紅紫色で花弁のように見え下の1個は大きなく袋状。

その先端は細長い距でクルリと巻く。この距部分に蜜がたまる。

花弁は下の2個が大きくて黄色の斑点がある。

雄蕊は5個、花糸は短く、葯が合着して雌しべを包み込む。

花軸の下部に毛のないものとあるものが存在する。

毛のないものをナメラツリフネソウと呼んでいる。
2005年に発見された ワタラセツリフネソウは、側花弁の基部の裂片(小花弁)部分が、

ツリフネソウは尖るが、ワタラセツリフネは尖らず、時間の経過とともに黒ずんでくる。

ツリフネソウは、地方によって色々と変化があるようだ。

 

 

 

 

《“横浜青葉区寺家ふるさと村(2)”❖2020/10/18❖》

                     《“畦道の植物”》

f:id:redhupa:20201021074702j:plain

オオバギボウシ(大葉偽宝珠)の実    キジカクシ科(Asparagaceae)   

学名:Hosta montana F. Maek.

別名: トウギボウシ(薹擬宝珠)、ウルイ

 

 

f:id:redhupa:20201021074806j:plain

f:id:redhupa:20201021074825j:plain

f:id:redhupa:20201021074853j:plain

《上3枚画像》

ホソバアキノノゲシ(細葉秋の野芥子) キク科(Asteraceae)  

学名:Lactuca indica L. froma indivisa (Mak.) Kitam.

《“横浜青葉区寺家ふるさと村(1)”❖2020/10/18❖》

                     『植物観察録』

f:id:redhupa:20201020223539j:plain

ノハラアザミ(野原薊)        キク科(Asteraceae)   

 学名:Cirsium oligophyllum (Franch. et Savat.) Matsum.
Cirsium tanakae (Franch. et Savat.) Matsum.

 

f:id:redhupa:20201020223717j:plain

ハコベ(小繁縷) ナデシコ科(Caryophyllaceae)  

学名: Stellaria media (L.) Vill.

 

f:id:redhupa:20201020223819j:plain
アキノウナギツカミ(秋の鰻掴み)     タデ科(Polygonaceae)

学名:Polygonum sieboldii (Meisn.) Ohki  

別名: ウナギヅル(秋の鰻蔓)

 

f:id:redhupa:20201020223942j:plain

アキギリ(秋桐)    シソ科(Lamiaceae

学名:Salvia glabrescens var. glabrescens 

 

f:id:redhupa:20201020224043j:plain

ヨメナ(嫁菜)         キク科 (Asteraceae/Compositae)

学名:Kalimeris yomena

カントウヨメナ(関東嫁菜)      キク科 (Asteraceae/Compositae)  

学名:Kalimeris pseudoyomena

花名を特定できなかった。

 

《“泉の森の植物”❖2020/10/03❖》

                     『植物観察録』

f:id:redhupa:20201017084111j:plain

散歩道各所で群生している黄花釣船。

f:id:redhupa:20201017084348j:plain

キツリフネ(黄釣船) ツリフネソウ科(Balsaminaceae)   

学名:Impatiens noli-tangere

近くで見ると面白い。

脇で直立して自己主張していたのが↓植物名は??

ヒカゲイノコヅチ(日陰猪の子槌)   ヒユ科(Amaranthaceae)   

学名:Achyranthes bidentata Blume var. japonica Miq.
別名: ヒカゲイノコズチ

 

今年の7月19日に拝めたマヤラン。同じ所で2回めのダンスを魅せてくれた。↓

f:id:redhupa:20201017091544j:plain

f:id:redhupa:20201017091614j:plain

f:id:redhupa:20201017091641j:plain

f:id:redhupa:20201017091708j:plain

f:id:redhupa:20201017091811j:plain

f:id:redhupa:20201017091922j:plain

f:id:redhupa:20201017091957j:plain

f:id:redhupa:20201017092117j:plain

同じ場所に2回めの茎が、立っていた。彼等にとって最良の地だここは!!
マヤラン(摩耶蘭) ラン科(Asparagaceae)
学名:Cymbidium macrorhizon(C.nipponicum )

 

 

 

f:id:redhupa:20201017095713j:plain

ノボロギク(野襤褸菊)    キク科(Asteraceae/Compositae)   

学名:Senecio vulgaris L.
別名: ボロギク

 

f:id:redhupa:20201017100630j:plain

ヌスビトハギ(盗人萩)        マメ科(Fabaceae)

学名:podocarpum subsp. oxyphyllum

 

 

f:id:redhupa:20201017100801j:plain

アレチヌスビトハギ(荒地盗人萩)        マメ科 (Fabaceae)   

学名:Desmodium paniculatum (L.) DC.

 

 

f:id:redhupa:20201017101122j:plain

チカラシバ(力芝)         イネ科(Poaceae)   

学名:Pennisetum alopecuroides

 

《 “伝統の自転車ロードレース(襍・_・囈 3)》

===以下Cycle Sports紙より転載===

ジロ・デ・イタリア2020開幕! 初日の個人TTは世界チャンピオンのガンナが区間初優勝

新型コロナウル感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的な大流行)で延期になっていた

ジロ・デ・イタリア(UCIワールドツアー)が、10月3日にイタリア南部のシチリア島で開幕した。

ジロ・デ・イタリア2020

ガンナがイタリアに今年最初のマリア・ローザをもたらした

初日はモンレアーレからパレルモまでの15.1kmで個人タイムトライアルが競われ、TT世界チャンピオンのフィリッポ・ガンナ(イネオス・グレナディアズ)が初参加で初優勝を果たし、地元イタリアに今年最初のマリア・ローザをもたらした。

ガンナのタイムは時速58,831 km/hで、グランツールの個人タイムトライアルでの最速記録を更新した(プロローグでは2001年のジロでベルギーのリック・ブルブラハが記録した7.5kmで58.874km/hが最速)。地元イタリアの選手が初日に個人タイムトライアルで優勝したのは、ベルギーのスランで開幕した2006年のパオロ・サボルデッリ以来だった。

ジロ・デ・イタリア2020

初日の個人TTはアルカンシエルを着たガンナが優勝した

区間2位はポルトガルジョアン・アルメイダ(ドゥクーニンク・クイックステップ)、3位はデンマークのミゲル・ビェアウ(UAEチーム・エミレーツ)だった。

第1ステージは176選手が出走。コロンビアのミゲルアンヘル・ロペス(アスタナプロチーム)はレース中に転倒してフェンスに激突し、初日リタイアになった。彼は昨年総合7位になり、新人賞のマリア・ビアンカを獲得していた。イタリアのルーカ・コヴィーリ(バルディアーニ・CSF・ファイザネ)は7分14秒遅れでゴールし、タイムオーバーになってしまった。

ジロ・デ・イタリア2020

初日の個人TTはアルカンシエルを着たガンナが優勝した

■初日の個人TTを制してマリア・ローザを獲得したガンナのコメント
「これはボク自身の誇りだけでなく、国家とイタリアの自転車競技の誇りだ。ボクが注意していたのはクリーンに走ることだった。何人かの選手たちが問題を抱えているのを見ていた。ボクはトラック世界選で4回勝ち、タイムトライアルで1回勝ち、今日はこの素晴らしいジャージを勝ち取った。ここで自分の競技キャリアが終わってしまわず、もっと勝てる事を願うよ。今からは我々のキャプテンであるゲラント・トーマスのために働くつもりだ」

■第1ステージ結果
[10月3日/モンレアーレ~パレルモ/15.1km(個人TT)]
1. GANNA Filippo (INEOS GRENADIERS / ITA) 15:24 (58,831 km/h)
2. ALMEIDA Joao (DECEUNINCK – QUICK – STEP / POR) +22
3. BJERG Mikkel (UAE TEAM EMIRATES / DEN) +22
4. THOMAS Geraint (INEOS GRENADIERS / GBR) +23
5. FOSS Tobias (TEAM JUMBO – VISMA / NOR) +31
6. ČERNY Josef (CCC TEAM / CZE) +36
7. SOBRERO Matteo (NTT PRO CYCLING / ITA) +40
8. CRADDOCK G Lawson (EF PRO CYCLING / USA) +41
9. SCOTSON Miles (GROUPAMA – FDJ / AUS) +42
10. BRANDLE Matthias (ISRAEL START – UP NATION / AUT) +42
115. ARASHIRO Yukiya (BAHRAIN – MCLAREN / JPN) +1:54

■第1ステージの総合成績(マリア・ローザ)
1. GANNA Filippo (INEOS GRENADIERS / ITA) 15:24 (58,831 km/h)
2. ALMEIDA Joao (DECEUNINCK – QUICK – STEP / POR) +22
3. BJERG Mikkel (UAE TEAM EMIRATES / DEN) +22
4. THOMAS Geraint (INEOS GRENADIERS / GBR) +23
5. FOSS Tobias (TEAM JUMBO – VISMA / NOR) +31
6. ČERNY Josef (CCC TEAM / CZE) +36
7. SOBRERO Matteo (NTT PRO CYCLING / ITA) +40
8. CRADDOCK G Lawson (EF PRO CYCLING / USA) +41
9. SCOTSON Miles (GROUPAMA – FDJ / AUS) +42
10. BRANDLE Matthias (ISRAEL START – UP NATION / AUT) +42
115. ARASHIRO Yukiya (BAHRAIN – MCLAREN / JPN) +1:54

[各賞]
■ポイント賞(マリア・チクラミーノ):GANNA Filippo (INEOS GRENADIERS / ITA)
■山岳賞(マリア・アッズーラ):ZABEL Rick (ISRAEL START – UP NATION / GER)
■新人賞(マリア・ビアンカ):GANNA Filippo (INEOS GRENADIERS / ITA)
■チーム成績 : INEOS GRENADIERS (GBR)

ジロ・デ・イタリア2020

山岳賞のマリア・アッズーラはツァベルが獲得した

ジロ・デ・イタリア2020

ジロ・デ・イタリア公式サイト

 

《“額庭の植物”❖2020/10/03❖》

f:id:redhupa:20201005112957j:plain

        シュウカイドウ(秋海棠)      シュウカイドウ科  (Begoniaceae)

                学名:Begonia grandis Dryand.

 

f:id:redhupa:20201005113429j:plain

             イヌタデ(犬蓼)    タデ科Polygonaceae) 

                 学名:Polygonum longisetum

 

f:id:redhupa:20201005113935j:plain

          タイワンホトトギス(台湾杜鵑草)  ユリ科(Liliaceae)  

            学名:Tricyrtis formosana Baker var. formosana

 

f:id:redhupa:20201005114740j:plain

             イヌタデ(犬蓼)タイワンホトトギス(台湾杜鵑草)

 

f:id:redhupa:20201005115009j:plain

       タデ科Polygonaceae) の植物と思えるが特定できず。

 

 

 



 

《“里山の植物”❖2020/09/20❖》

f:id:redhupa:20201001194515j:plain

     赤曼珠沙華の蕾。

f:id:redhupa:20201001194722j:plain

         ヒガンバナ彼岸花)    ヒガンバナ科(Amaryllidaceae)

               学名:Lycoris radiata  (L'Her.) Herb.
                別名: マンジュシャゲ曼珠沙華

f:id:redhupa:20201001195012j:plain

f:id:redhupa:20201001195035j:plain

      シロバナヒガンバナ(白花彼岸花)   ヒガンバナ科(Amaryllidaceae)

               学名:Lycoris x albiflora Koidz.

        別名:シロバナマンジュシャゲ白花曼珠沙華 

 

f:id:redhupa:20201001195309j:plain

f:id:redhupa:20201001195506j:plain

        アレチウリ(荒れ地瓜)         ウリ科(Cucurbitaceae)  

                    学名:Sicyos angulatus L.

 

f:id:redhupa:20201001195709j:plain

       ノアサガオ(野朝顔)        ヒルガオ科 (Convolvulaceae) 

              学名:Ipomoea indica (Burm.) Merr.
     別名: リュウキュウアサガオ琉球朝顔)、シュッコンサガオ(宿根アサガオ) 

 

f:id:redhupa:20201001195926j:plain

         ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)       ナス科(Solanaceae)

                学名:Solanum lyratum  Thunb.

 

f:id:redhupa:20201001200127j:plain

f:id:redhupa:20201001200152j:plain

        マメアサガオ(豆朝顔)       ヒルガオ科(Convolvulaceae)

                学名:Ipomoea lacunosa L.

                別名: ヒラミホシアサガオ

 

f:id:redhupa:20201001200343j:plain

      マルバルコウソウ(丸葉縷紅草)    ヒルガオ科(Convolvulaceae) 

                学名:Quamoclit coccinea Moench.

                      Ipomoea coccinea L.
                  別名: ツタノハルコウ(蔦葉縷紅)

 

f:id:redhupa:20201001200554j:plain

f:id:redhupa:20201001200641j:plain

f:id:redhupa:20201001200724j:plain

    シロバナツリガネニンジン(白花釣り鐘人参)  キキョウ科(Campanulaceae)
            学名:Adenophora triphylla var. japonica f. albiflora

 

f:id:redhupa:20201001200933j:plain

         ツユクサ(露草)    ツユクサ科(Commelinaceae)  

                学名:Commelina communis

           別名: ボウシバナ、アオバナ、ツキクサ(着草)